ダイエットの強い味方!ぜいたくレッドスムージー健康に痩せる!!

ダイエットするならぜいたくレッドスムージーがベスト!

始めても全然効果が出ない。いくら運動しても痩せない。食べることが好きだが運動が嫌いだ。
ダイエットを始めてもすぐにやめてしまう。一度は体重が落ちてもその後リバウンドしてしまう。

上記のどれか1つでも当てはまる方は普通にダイエットにしても痩せません。もしかするともうお気付きの方もいらっしゃると思いますが、ダイエットは効果的な運動と食事でしか改善、解消できません。なぜなら太る原因がそこにあるからです!
実際ダイエットをするとなれば筋トレや運動、食事制限などで好きなこと、好きなものを制限する必要があります。

今までダイエット商品というと「不味い・少ない・高い」というのが常識でした。
しかし、ぜいたくレッドスムージーは「味よし・量よし・値段よし」の3良し揃ったダイエットの強い味方です!

ぜいたくレッドスムージーの魅力

ぜいたくレッドスムージーは見た目もおしゃれで味も良い栄養満点のスムージーです。
ポリフェノールやW酵素、乳酸菌や食物繊維が配合されています。ポリフェノールと言えば最近アルツハイマーの予防にも効果的だという論文が発表されたのは記憶にあるでしょう。

ポリフェノールはブドウの皮や種、などに含まれている色素の成分や渋みや苦みと言ったアクを総称してポリフェノールと言います。
抗酸化作用が強く肌の老化やシミ、しわにも効果があります。その効果は高く美容にも使われています。

ぜいたくレッドスムージーには7種のレッドポリフェノールが配合!!

加えてダブルの酵素を配合されています。
250種の野菜や果物からダイエットに効果的な酵素を抽出し生きている酵素である“生酵素”と“栄養酵素”の2つを配合しています。

酵素とは人間が生きていくのに必要なエネルギーの源です。生命を維持したり、食べ物を消化する時も酵素を使います。今人気の生酵素ですが、
酵素自体は一つ一つが別の働きをするため痩せる酵素もあれば他の役割を担う酵素もあります。

ぜいたくレッドスムージーでは250種の野菜や果物からより多くの酵素を抽出しています。酵素は熱によって変化してしまいます。
約48度で酵素としての機能が失われてしまいます。

そのためぜいたくレッドスムージーは熱により酵素が壊れないよう温度を低くし乾燥させています。
生酵素と体内の酵素を活性させる栄養酵素を配合することによって体の調子を整えたり、正常に酵素が働きます。

そもそも酵素がどうしていいのか?

人間は酵素の力を借りて食べ物を分解したり、筋肉を動かしたりしています。
外から食べ物によって取り入れる酵素と人間の体内でつくられる酵素があります。それぞれを食物酵素、潜在酵素と言います。

食べ過ぎてしまうと先に使われる潜在酵素を消費しすぎるため代謝に使う分が後回しにされ、かつ少なくなってしまいます。
それによって代謝がきちんとされない状態が続くと体に脂肪などがたまりやすい体になってしまいます。

これを解消することで代謝が元に戻りきちんと脂肪を燃焼できる体に戻すことができます。
食べ物を消化するための酵素を節約するために食べ過ぎはやめ、腹八分目にすることが大切です。

しかし、この潜在酵素は年齢とともに体内で生成される量が減っていってしまいます。20代から減少を始め40代で急激に減少します。
年齢が上がるごとにダイエットが成功しにくい理由の一つがこの潜在酵素そのものの減少ともいえます。

代謝が下がると正常に脂肪が燃焼しないため運動効率が悪くなります。体温を下げることは免疫力低下につながります。
代謝が下がると多くのデメリットが発生しますのでぜいたくレッドスムージーで酵素を摂取することで潜在酵素を消費するのを抑えることができます。

ぜいたくレッドスムージーに含まれる生の酵素はダイエットだけでなく体の調子を正常に保ってくれます。最近は酵素サプリ、生酵素サプリと言うのも販売されていますが、酵素は上記でも話した通り熱に弱く50度ほどで効果を失ってしまいます。
そのため粉末にする際の熱で酵素の効果が無くなっているものも存在しますので注意が必要です。生酵素やサプリを使ったダイエット自体は効果的なのでおすすめですが、そうした商品をいくら摂取しても効果の無い酵素でダイエットは成功しません。

乳酸菌と食物繊維を配合することで腸内環境もスッキリ!!

乳酸菌の中でもフェカリス乳酸菌はもともと人の体内に存在している乳酸菌です。
ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌の5分の1程度の大きさしかないため少ない量でも腸で吸収されやすく体にもやさしいのがこのフェカリス乳酸菌の特徴です。

ぜいたくレッドスムージーには1箱で300億、1包でヨーグルト1個分の乳酸菌が配合されています。
特殊な方法でパウダーにしているためそのほとんどが分解、消化されずに体に浸透します。

腸内で善玉菌を増やす手伝いをしてくれるので腸内環境の改善も期待できます。また、食物繊維も合わせてとることでお通じも良くなり便秘解消にも一役かってくれます。

それだけではなく!!
スーパーフードの1つでもあるバジルシードとグルコマンナンが入っています。

スーパーフードとは特定の有効成分が極めて高い食物の事を言います。スーパーフードの中でも有名なのと言えばタイガーナッツ、キアヌ、アサイー、マカ、チアシードなどです。
その中でもぜいたくレッドスムージーにも配合されているバジルシードはチアシードと同じく種の一種で水に入れると30倍にも膨らみます。

また、ぜいたくレッドスムージーにはグルコマンナンが配合されています。このグルコマンナンはこんにゃくの主成分であるため別名コンニャクマンナンとも言われています。
グルコマンナンは1時間程度で最大まで膨らむため腹もちもよくダイエット時の空腹感を抑えてくれます。

ダイエットの大敵は空腹感です。ダイエットに挑戦してあきらめる理由の1つが「食欲に勝てなかった。」というデータもあります。
食欲を抑えるというのは人間にとって一番難しいことの1つです。

例えば昔運動をしていたけどやめた瞬間に太ってしまったという話をよく耳にしませんか?
それにはいくつかの理由がありますが、人間は食物から摂取したものによって脂肪を作りだすので多くは食べ過ぎが原因なのです。

食欲というのはある程度のレベルまでいくと下がることはありません。増加していく一方なのです。
そのため人間は限界まで脂肪を蓄えることが可能です。これは人間の生存本能がそうさせています。

なのでこの食欲に打ち勝つことがダイエットの近道と言えます。とはいえ多くのダイエット食品は栄養価や低カロリーを意識するあまり満足感や腹もちの悪いものが多いんです。
それはダイエットの成功率を下げることにもつながります。ダイエット食品を選ぶ際は腹もちの良さや満足感のある商品をしっかりと選ぶことが大切です。スムージは粘度があるのでダイエット時の空腹を抑える効果があるので非常におすすめです。

すっきりフルーツ青汁とぜいたくレッドスムージの比較

ここ数年で多くのダイエット食品が出てきました。その中でもぜいたくレッドスムージーの並んで人気が高いダイエット食品がフルーツ青汁というものです。
この商品も酵素が特徴でダイエットに効果のある生の酵素を配合した青汁です。

足りない栄養素を補いながら酵素やクマザサ粉末、ダイエットだけでなく健康効果も期待できる明日葉や青汁と言ったら定番の大麦若葉が入っている青汁です。
フルーツに含まれる様々なビタミンや酵素、栄養素を配合しており不足しがちな栄養素をカバーできます。

フルーツ青汁も置き換えダイエット式なので3食のうち1食をフルーツ青汁にするだけでOKです!
ただ、腹もちがよくないのが難点です。口コミの中には“栄養もとれて味もいいけど置き換えにするには量が少ないし、全然足りない!”という声も上がっています。

ぜいたくレッドスムージーにはグルコマンナンが配合されており、これがとろみを出すので腹もちもいいです!
ダイエットを成功させるためにはいくつかのポイントがあります。

ここからは間違ったダイエットの知識や意外な事実をご紹介していきながらダイエットに効果のある食事の摂り方やポイントをお話していきます。

人間はもともと1日2食で生活していた!?!?

ご存じの方もいるでしょうが、人間は1日2食程度でも十分に生活していけます。むしろ1日2食たべていた時代の方が長いのです。
肥満の原因は“食べ過ぎ”です。近代の食事は高カロリーで高炭水化物のものが多いです。ジャンクフードやファストフードには大量の糖分、塩分、脂質が入っています。

とあるCMで「美味しいものは糖質と脂肪で出来ている」と言っていましたがまさにその通りです。
脂肪と糖質が多いものには塩分も多く含まれています。この塩分と脂質を多く含む食べ物は中毒性があります。某有名店のラーメンも塩辛くて油たっぷりです。

いつも行列ができ、次の日にはまた食べたくなります。私も食べましたが同じような状態になりました。もちろん料理自体が美味しいという事もありますが、中毒性があるのは間違いないです。
そうしたカロリーの高い食べ物が増え好きなものを好きなだけ食べれるようになった事も肥満率を上げる要因になっています。

人間はもともと2食でも生活できます。今の生活は欧米の食文化、習慣が元になっていますが、アメリカも昔は1日2食でした。
かの有名なトーマス・エジソンがトースターを発明したのが1日3食という文化を作りました。当時は朝食を食べる習慣がありませんでした。

しかし、エジソンがトースターを発明しトースターを売るために朝食を食べる用に進めたのが始まりと言われています。
このように個人や企業が仕掛けた文化や習慣は他にも存在します。例えばバレンタインはチョコレートメーカーが売り上げを上げるために考え出したイベントです。

他にも日本では土用の丑の日にはウナギを食べるという文化がありますが、あれもうなぎ好きな江戸っ子がウナギを食べたいがために作りだしたイベントと言われています。
このように習慣やイベントのいくつかは人為的につくられたもので本質的には必要のないものもいくつかあります。

太るのは食べ過ぎが原因です。必要なもの、不必要なものを見極めしっかりとカロリーコントロールをしましょう。ダイエットを考えるなら消費カロリーと摂取カロリーのバランスが大切です。
このバランスが取れていれば太る事はないんです。人間のエネルギーや脂肪となるのは主に糖質です。蛋白質や脂質もエネルギーになりますが、糖質が大きなエネルギー源です。

昔から炭水化物を摂取しない「炭水化物抜きダイエット」というものがありましたが、最近はこのダイエットのデメリットが注目されています。炭水化物を抜いてしまうと純粋にエネルギーが不足します。
体内の血糖値も下がりブドウ糖が脳に行きわたらないため頭がボーっとし、体がダルい、重いなど症状が現れます。仕事にも支障が出ますし、かなりの空腹感に襲われます。

体はエネルギーが枯渇し、体内の蛋白質が減少するとカタボリックという状態になります。この状態は体内の蛋白質を分解し栄養に回してしまいます。これによって髪の毛や肌がぼろぼろになってしまいます。
明らかに不健康なダイエットです。ネットで検索するとダイエットにはこの炭水化物抜きダイエットが良いとか、効果が高いという事でたびたび紹介されていますが、注意が必要です。

体を壊してしまう危険があります。しかも、先ほど話したカタボリックという症状は体内の筋肉を分解して行ってしまいます。これによって筋量も低下します。
一度は炭水化物抜きダイエットで体重が落ちても脂肪がつきやすい体になってしまいリバウンドしやすくなります。

またダイエットを始めても筋量が少ないので脂肪を燃やす能力は下がっていますので時間がかかります。長続きせずダイエットによるストレスで食べてしまう。この繰り返しでダイエットを始めた時よりも太ってしまうというケースが多発しています。
このように間違った方法でダイエットをしてしまい取り返しのつかない結果になる事もあります。正しいダイエットで健康的に美しく痩せましょう!

筋トレに関する誤解

ダイエットにはいくつか誤解されている事があります。先ほど話した炭水化物ダイエットもそうですが間違った知識でダイエットするのは危険です。
痩せたいなら脂肪を落とす必要があります。脂肪は普段の生活でも燃焼されますが一番効果的なのは運動によって燃焼する事です。筋肉がエネルギーを使うときに脂肪も燃焼されます。

そのためダイエットをするなら合わせて筋トレをするのが好ましいです。
「筋トレをするとゴツくなる」とか「プロテインって太るんでしょ?」とよく言われますが実はダイエットには筋トレがベストだと言われています。

海外セレブやスタイルの良い女性はあこがれの存在ですよね。そのほとんどの方がジムでトレーニングをしているんです。
InstagramやTwitterなどでもトレーニング画像や動画をあげているように美しい引き締まった体は筋トレによって作り上げられています。

そもそも筋トレをしても女性は男性のように体が大きくなる事はありません。男性が筋トレでごつくなるのは男性ホルモンが影響しています。男性ホルモンが筋肥大に影響するため男性が筋トレをするとムキムキになるのです。
女性の場合は男性ホルモンが少ないので心配はありません。むしろ脂肪を燃焼させるための筋肉をつけることによって太りにくい体をつくることが出来ます。

女性はもともと筋肉量が少ないのでどうしても男性よりも太りやすいのです。積極的に筋トレをすることをお勧めします。

食事に関する誤解

食事に関する誤解があるのでお話していきたいと思います。ダイエットをする際は食べ物に気を使いますよね、出来るだけ脂肪が少ないものやカロリーの低いもの、糖質が少ないものを選びますよね。
当然ダイエットですからカロリーが低いものを選ぶ事は重要です。糖質が低いものを選ぶ事で糖質が脂肪に変わりにくくなります。

ただし、炭水化物を抜いて野菜をたくさん食べればいいというわけではありません。炭水化物、蛋白質、脂質、ビタミンやミネラル、食物繊維などの6大栄養素をしっかりとバランス良く摂取する事で健康的なダイエットをすることができます。
脂肪を減らすためには運動をしなくてはいけないので炭水化物も適量摂取しましょう。加えて蛋白質を多く取る必要があります。鶏肉や白身魚、大豆やナッツ類に多く含まれています。食事によって増えた体重は食事によって減らしましょう!

ダイエットには食べるタイミングも重要な事をご存じでしょうか?食べるタイミングや時間、やってはいけない事がいくつかあります。
ダイエットにかかわらず朝食をとらないという方がいらっしゃいますが非常に良くない行動の一つです。朝食をとらないと睡眠時間を省いても6時間以上食べ物が胃に入らない状況になります。

食べ物を摂取しない時間が長いと人間は本能的に「餓死するかも?!」と体が錯覚し食べ物を食べた時により多くのカロリーを吸収してしまいます。
これによって脂肪が体につきやすくなります。これを利用して力士は体を大きくしています。朝食を抜いて朝から稽古をし、お腹をぺこぺこにした状態でちゃんこをめいいっぱい食べます。

脂肪をつけたくいない場合はこのような食事の摂りかたは控えましょう。
脂肪を体につけないようにするにはナッツなど質のいい蛋白質を摂取しお腹が空かない状態を作りましょう。アメリカではナッツダイエットと言ってナッツを間食として食べる事で空腹状態を避け脂肪燃焼を促すダイエットも流行っています。

空腹を避け、炭水化物を摂りすぎないようにするには1食を何かで置き換えて間をナッツなど小腹を満たせるもので補うのがベストです。これに運動をプラス出来れば理想的なダイエットと言えます!

置き換えダイエットにベストなぜいたくレッドスムージー

ぜいたくレッドスムージーは置き換えダイエットとして非常に優れています。
まず、ダイエットに不足しがちな栄養素を補う事が出来ます。栄養管理がしっかりと出来ていないと不健康な痩せ方しかできません。

加えて食物繊維もしっかりと摂れます。これはぜいたくレッドスムージーに含まれるグルコマンナンのおかげです。お通じも良くなり便秘の解消も期待できますし、運動によって腸も動くので腸内を健康に出来ます。
また、ぜいたくレッドスムージーと運動の組み合わせによって代謝をあげることが出来ます。これによる脂肪燃焼効率アップが期待できます。

様々なダイエット食品がある中で味も値段も効果も期待できるダイエット食品は今までほとんどありませんでした。
ぜいたくレッドスムージーであなたも理想の体になりませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ