ぜいたくレッドスムージーに含まれる7つのポリフェノール!

ぜいたくレッドスムージーに含まれる7つのポリフェノール!

ぜいたくレッドスムージーが人気の秘訣は7種のレッドポリフェノールが配合されています。

現代人に不足しがちな野菜やフルーツと7種のレッドポリフェノールを配合することによってダイエットだけでなく美容面もカバーしています。
これにより美しく健康に痩せることができます!!

  • 赤ブドウ

フランス産、赤ワインのもろみから抽出
オリゴメトリックプロアントシアニジン、レズベラトロール、アントシアニン含有。

赤ブドウのポリフェノールの中に含まれるレスベラトロールは別名“若返り成分”とも呼ばれており、肌の老化原因となる酸化を抑制してくれる効果が期待できます。
またオリゴメリックプロアントシアニジン(OPC)は分子が非常に小さく体内の吸収率が95%と高く、美白効果と血管の強化が注目度が高いです。

他にもヒスタミンを抑える働きがあるため花粉症の方にも効果が期待できます。

  • ビルベリー

フランス産、ブルーベーリーの野生種。
濃い青紫色の皮や実にブルーベリー類の中でもトップクラスのアントシアニンを含有。

ビルベリーに多く含まれるアントシアニンは眼精疲労や視力を改善する効果があります。
最近ではCMでもアントシアニンを使ったサプリが販売されています。アントシアニンが目にいい事くらい知ってるよ!という方もいらっしゃる事かと思います。

しかし、アントシアニンの含有量がトップクラスなのがこのビルベリーです。マウスやウサギなど動物による実験でも効果が証明されています。

普通のブルーベリーよりも色素の色が濃く、中の実まで真っ赤です。実自体も普通のブルベリーよりも小粒です。
ブルーベリーよりも実質は柔らかく酸味も強いためサプリメントなどで摂取するのがお勧めです。

  • イチゴ

フランス産、花や実、種などにエラグ酸、アントシアニンを含有。エラグ酸はスキンケア化粧品にも配合されています。
イチゴに含まれるエラグ酸は肌のメラニンが黒くなることによってシミができますが、そのメラニンに働きかけ黒くする原因でもあるチロシナーゼを抑える働きがあります。

メラニンと言えばそれ自体がシミの原因というイメージを持っている方がいらっしゃいますが、それは違います。メラニン単体では黒くならないんです!!

チロシナーゼという酵素がメラニンに信号を出すことで黒くなりそれがシミになるのです。
要はそのチロシナーゼの信号をブロックしてしまえばいいんです。エラグ酸にはそのチロシナーゼを抑制する働きがあるので美白効果が期待できます。

  • リンゴ

フランス産皮や実にアントシアニンやプロシアニジン、カテキン、エピカテキン、クロロゲン酸、ケルセチンを含有。
リンゴに含まれるケルセチンはビタミンと似た働きをします。血液の流れを良くし、生活習慣病などにも効果が期待でます。

玉ねぎやアスパラガスにも豊富に含まれており“血液サラサラ成分”とも言われています。

  • サクランボ

フランス産、皮や実、種にアントシアニンをはじめアミグダリン、ケルセチン、エピカテキンを含有。
サクランボに含まれるエピカテキンとはカテキンの過熱前と言うと伝わりやすいと思います。つまり生カテキン!!

このエピカテキンは高い抗酸化作用があり体内に増えすぎた活性酸素を追い出してくれます。
しかもこのエピカテキンは副作用がほとんどないんです!凄い!!

  • トマト

フランス産、トマト特有のポリフェノールナリンゲニンカルコンのほか、カロテノイドの一種であるリコピンも多く含有。
リコピンはトマトに多く含まれカロテノイドの一種です。

そもそもカロテノイドとは赤・橙・黄などの自然界に存在する天然色素の事で今現在で600種以上発見されています。
そのカロテノイドのカテゴリーの中でもリコピンは抜群の抗酸化作用を持ちその数値はβカロテンの2倍以上でビタミンEに関しては約100倍とも言われています。

他にも活性酸素は体内の悪玉コレステロールと結び付く(酸化)事によって血管の内部を攻撃しますが、悪玉コレステロールの酸化を防ぐ強い抗酸化作用によって血管内を正常に保つことができます。

  • レッドジンジャー

インドネシア・タイ産、地下茎の皮や種にショウガオールのほか赤ショウガ特有の3R,5S-[6]-ショウガオールを含有。
ショウガに含まれるショウガオールは生姜に含まれる辛み成分で乾燥や加熱するとジンゲロールがショウガオールになります。

ジンゲロールとショウガオールは効能が全く違います。用途に合わせて摂取するのが効果的です。

  • ジンゲロール

体の表面温度を一時的に上げることによって発汗作用を促し体内にたまった熱を気化熱によって下げるため体を冷やす効果がある。
油の吸収も抑える効果があるので油ものの料理に添えると効果的!

  • ショウガオール

過熱したり、乾燥することによってジンゲロールがショウガオールに変化します。
体の芯から温める効果があり、ぽかぽかにしてくれます。

3時間ほど効果が継続するため運動をする30~40分前に摂取すると脂肪燃焼効果も期待できる!

生姜にはからだを温めるというイメージが強いですが発汗作用を促したり体を芯から温めたりします。
中でもぜいたくレッドスムージーに含まれるショウガオールはダイエット効果が期待できるため運動の1~2時間前に飲むのがお勧めです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ