女性にとってのダイエットの位置づけについて

現代の日本人女性に関して、ダイエットという言葉は永遠のテーマになりつつあります。すべての女性が一度は志すものであり、失敗をも経験しています。しかし、今に至ってはやせすぎということもあり、すべてを肯定することが正しいとは言えないという風潮まで出てきています。もちろん、男性から見て、いろいろな女性のタイプがあり、ふくよかな女性が好きであったり、やせている女性を好きであったりとこればかりは好みがあるものです。こうした指向性がある以上、すべての女性がやせることに躍起になる必要はないのではないかと思うわけです。もちろん、太りすぎて内臓に影響が出たり、運動に影響が出るような場合はある程度ダイエットを行って、節制する必要があることはあたりまえです。しかし、これはあくまでもやせることが目的ではなく、自分自信の体調管理のためということをしっかり理解しておかねばなりません。こうした目的でやせるにあたっては無理な食事制限などを行うこともなく、自然に食事療法と運動でやせおうとするので安心です。
ところが、単にやせるためだけの目的であれば、逆に自分自身の体調に影響がでるよな手法をとろうとするあまり、どうしてもやせたとしても別の部分で影響が出てきてしまうからです。
そして、年齢ともにダイエットの位置づけも変わってきます。もちろん、若い間は運動もして、食事もして、恋愛もしてそれなりにしまった体系のほうが好ましいですが、女性の場合、40代、50台と年齢を重ねるたびに少しふくよかなほうが健康的に見えることも確かです。悪い言葉でいえば、年齢を経てもやせすぎていると「やせぎす」という悪い表現に例えられることにもつながりかねません。だからこそ、年齢とともにしっかりした体形、体調管理を行って、自分自身をコントロールすることが重要です。そこで必要に応じたダイエットを行うことで健康な毎日、そして周囲から見た見栄えも両立できることになります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ