澤村信哉の億万長者輩出プログラムが副業にピッタリな理由について

澤村信哉の億万長者輩出プログラムは副業に適している!

副業に最適

「副業をしたいけどお金もかかるし、ちゃんと続けられるか、稼げるか心配だ!」という人は沢山いるでしょう。
たくさんある副業のどれが自分に向いているのか、どれがはじめやすいか検索すると色々紹介されています。

メジャーどころだとアフィリエイト、クラウドソーシング、せどり、FX、バイナリーオプションがあります。最近だとYouTubeも人気ですが、今最も人気が高いのが仮想通貨です。
当サイトのトップページでも仮想通貨については触れていますのでよろしければそちらも合わせて参照してみてください。

サイトのTOPページを見る!!

ネム流出

さて、仮想通貨は危ないと思っている方も多いと思います。2018年の年初めに仮想通貨ネム(NEM)が不正なハッキングによって流出し大問題になりました。
連日ニュースでも取り上げられ多くの被害者が出ました。2018年8月現在でも犯人特定、逮捕の情報は出ていません。

この事件で「仮想通貨って危ないんじゃない?」「リスクの高いものなんだ!」という認識が広まったためか、一時期売りが急速に進みました。
今はそれも落ち着き何故流出に至ったのか報道されたので間違った認識をしている人は減りましたが、まだまだ誤解している人もたくさんいます。

仮想通貨について学ぶ

実は仮想通貨が盛り上がる前だからこそ仮想通貨について学び次に訪れるチャンスを待つ事で資産を増やすことが出来ます。
仮想通貨は副業にピッタリだいう事をご存じでしょうか?

億万長者輩出プログラムを作った澤村信哉氏も「仮想通貨で副業するサラリーマンや主婦、年配の方が増えている」と言っています。

澤村信哉氏が副業に億万長者輩出プログラムを推薦している理由についてここでは紹介していきます。

澤村信哉推薦!副業やるなら仮想通貨がお勧め!

仮想通貨

副業にお勧めな理由は3つあると澤村信哉氏は言っています。

  1. 仮想通貨は保有しているだけでは税金は発生しない、そのため売買で出た利益分申告すれば問題無い税金面で有利
  2. 仮想通貨は法定通貨では無いので手数料がかからない、円やドルを持っておくよりもはるかに便利で資産として持っておくには便利
  3. 誰でも参入できる。特別な技量を持っていなくても知識を積めば資産を運用出来る

指摘

まず1つ目で紹介されていた税金面で有利な点です。
仮想通貨は売買によって利益が出た際には税金が増えるので申請する必要があります。ちなみに仮想通貨などは雑所得という分類になります。

しかし、保有しているだけなら税金が発生する事はありません。通常収入が20万円以上の場合は税金がかかります。
副業をしている人達は本業がありますから副業で収入を得た場合、毎月払う税金の額が変わります。そのため会社に申請する必要があります。

日本はまだ副業禁止の会社も多く副業が禁止されている会社に所属している場合は色々面倒だと思います。
もし、副業がバレたら人事部から白い目で見られる可能性もあります。もしかしたら左遷されるか、副業をすぐ辞めるか会社を辞めるか選択を迫られる可能性もあります。

日本の会社で副業をする場合会社が公認しているか、秘密裏に副業するしかないでしょう。少しづつ副業を受け入れてくれる会社が増えているとは言えまだまだ数は少ないです。

確定申告

バレてしまう原因として多いのが税金の増額です。自分で確定申告でもしていない限り大抵の人は会社が税金の管理をしています。
出来れば副業する場合自分で確定申告するようにしましょう。仮想通貨は先ほども言ったように保有するだけでは税金は発生しません。

もし、急にお金が必要になった時に仮想通貨を円に変えて利益が20万円以上出た時には確定申告しましょう。
保持して資産を持っておくなら税金はかからないんです。副業には向いていると言えるのではないでしょうか。

為替

2つ目は手数料がかからない、円やドルを持っておくよりもはるかに便利で資産として持っておくには便利という点です。
もうひとつ副業として便利な点は手数料がかからない事です。通常資産として残しておくなら現金が良いと思うのではないでしょうか?

現金ならいつでも使えるし、銀行に預けておけば安心だなんて考えている人が日本人には多いと思います。日本は現金主義ですのでキャッシュレスについて疎いですが、世界的に見ると日本はかなり遅れています。
お金は国によって円、ドル、元、ペソ、ユーロなどの方になっているので両替した際に差額が発生します。仮想通貨は非中央集権と言われていて国が介入しないので資産として持っておくことは大きなメリットと言えます。

銀行にお金を預けているよりも投資に回すことで資産として増やすことが出来ます。銀行に預けていても金利は0.01~0.02位のところがほとんどでコンビニでお金を下ろせばその分はチャラになってしまいます。
金利分が引き出すだけで無くなるなんてかなりもったいないです。それくらい両替や手数料はバカになりません。副業として仮想通貨を利用し資産を増やすことでそうした手数料の面でも有利なんです。

スキル

3つ目資格やスキルがいらいない点です。
もちろん、知識を深める必要はあります。投資そのものの勉強や仮想通貨の仕組みや利益を生み出す方法、税金対策などは億万長者輩出プログラムで勉強できます。

知識を深める必要はありますが、はじめるために必要な技術はありません。中途半端に我流で勉強するよりもノウハウを持っている人に教えてもらう方がイイです。
副業としてやる事を考えると途中で辞めてしまうような要素が無いビジネスの方がお勧めです。実は副業にチャレンジしている人口は多いのに続けられている人は少ないんです。

継続が難しい理由の一つが時間的な拘束が長いからです。本業がある以上副業に割く時間を作ることは簡単ではありません。
ノルマがあるようなビジネスは特にそうです。いついつまでに納品しなけれなならないという縛りがあるビジネスは副業という観点から考えるとあまりお勧めは出来ません。

澤村信哉氏も億万長者輩出プログラムはリスク分散として利用してほしいと語っていました。
本業があっても出来るように難しい仕組みや言葉はなるべく使わないようにし、短時間で作業が出来るように作っています。

単発的に大きな収入を得るという行為は税金を増やすことにもつながりますし、会社にバレるリスクもあります。長期的に少しづつ収入を上げて行けるレベルの副業が最も効率的です。
仮想通貨は言わば投資です。銀行に貯金するよりも仮想通貨として資産を持っておけばメリットは大きく将来のためにもなります。

知識を少しづつ付けながら勉強も出来る億万長者輩出プログラムは初心者にとってもわかりやすくて長期的に出来る副業と言えます。

副業しないとこれからの生活はもっと厳しくなる!!

貧しい

澤村信哉氏はこれからは副業をしないと生活はどんどん苦しくなると警鐘を鳴らしています。日本は高齢者の割合がどんどん増えて言っています。超少子高齢社会なんて言われたりもします。
若い人はどんどん減るので外国人の移民を受け入れるか、輸入に頼るしか無くなります。世界では異常気象によって作物が取れなくなったり人口が増え続ける事で世界の物価自体も上がっていきます。

つまり、20年後30年後には物価が急激に上がりものが高くなります。今ですら物価が高い、消費税が高いと嘆いているのにもっと高くなる可能性が非常に高いです。
今のうちから資産を少しでも増やさなければ生活の質を落とすかひもじい生活を送るはめになります。中央集権的な縛りがある通貨の資産価値は国の情勢によって変動する可能性もあります。

資産は形を変えて私たちの財産となります。国がなんとかしてくれると思っているならそれでもいいです。しかし、現実問題本当に困った時に国が100%助けてくれるという保証はどこにも無いです。
本業もそうです。いつ働けなくなるかは誰にもわかりません。事件事故に巻き込まれたり、会社が倒産する事も十分あり得ます。

本業のみに頼っていたら何か起きた時に生活が出来なくなってしまいます。副業をしていればその資産があなたを助けてくれます。
仕事を失っても次の仕事を見つけるまでの資金になってくれたり、老後の生活を助けてくれるでしょう。

副業をやることは今リスクでは無く副業をやらない事の方がリスクなのだと澤村信哉氏は語っています。副業をはじめるには様々な準備が必要ですが、億万長者輩出プログラムはそれに必要な準備が揃っています。
あなたの生活に副業を少し入れる事で将来は劇的に変化します。

今の生活を失いたくない人は将来を見据えて投資や仮想通貨の分野にチャレンジする事をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です