マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)に疑惑は?詐欺ビジネスなのかどうか追ってみる

マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)は手軽にしっかり稼げるという側面から、「そんなわけがない」「詐欺めいている」という意見も見受けられています。

「美味しい話には裏がある」とよく言われますが、マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)はいったいどうなのでしょう?

よく耳にする詐欺の手口として「無料と聞いていたのに後から莫大な金額を請求された」「思った成果が出なかった」という話を聞きます。

まず、マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)は無料サービスではありません。登録時には費用が必要となります。「有料ならやらない」という人は仕方ないですが、在宅でできるものですから移動費やその手間などを考えたら無駄な出費ではないと思います。

そして成果に関しては、人それぞれの取り組み方によって差異が出るのは当然のことです。誰ひとり成果が上がらないのなら詐欺かもしれませんが、やるべきことをやっていないのであればまずはその内容を忠実に履行することから始めるべきです。

詐欺と決めつけるのは簡単ですが、それで貴重なビジネスを見逃すのはもったいないです。変なものを引かないよう注意はしつつ、しっかり稼げるビジネスを逃さないようアンテナは張り続けたほうがいいと思います。

「○○なわけがない」から詐欺、はもう通用しない?ITの目覚ましい発展が可能にしてきたこととは

マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)が詐欺だとする意見の根拠として、「1日10分程度でそんなに稼げるわけがない」というものがあります。

果たして「○○なわけがない」というものを、強い根拠とできるでしょうか?

例えば、飛行機が飛んでいるのを、「あんな鉄の塊が飛ぶわけがない」という人は今では一人もいません。しかし、昔はそれこそ「そんなわけがない」と言われたことでしょう。技術が進歩したことで、不可能を可能にしてきた歴史が私たちにはあります。

現在はインターネットがある生活が当たり前になりましたが、昔はパソコンやスマートフォンがこれほど発達し、皆が当たり前のように持つ時代が来ると予想した人はどれだけいたでしょうか。同じように、ネットでのビジネスも当然の時代です。テレワークなどはデジタル化の主たるものだと思います。

AI技術の発展など、ITの発展は目覚ましい状況です。昔の常識は通用しないことも多いです。「○○なわけがない」というだけで詐欺扱いされるのは、ただ単にいちゃもんをつけられているに過ぎないのです。

マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)はすぐ登録費を回収できる!回収できれば猜疑心も晴れる!

印象論だけではなく、マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)の内容からもしっかり探ってみたいと思います。

まず最初に言った通り、マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)は始めるにあたって費用が必要となる有料のビジネスです。マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)はこの費用で商売をしているわけです。

現在はLINE登録することで7800円で始めることができます。もし開始1ヶ月で50万円稼げるなら、開始して1週間もあれば回収できそうな気もします。50万とはいかなくても、その1割である5万円でも十分ペイしてしまうことになります。

当然これがさっぱり稼げないとなったら詐欺の可能性が高まってきます。やることをやっているのに成果に繋がらない場合、まずは運営スタッフに聞いてみましょう。そこで誠意をもって対応されるかどうかで、詐欺も疑わないといけません。万一の場合は裁判よりも消費者センターにまず問い合わせるのがいいかと思います。

そうは言いましたが、登録費分が稼げたらもう詐欺とは言えなくなると思います。あとは仕事の効率ややり方などを振り返り、どう取り組んでいけばいいのかを見直してみましょう。

インターネットビジネスにはびこるデマの見分け方!その情報が正しいか確認すべし!

昨今の混乱具合を例に出すまでもなく、インターネット上にはデマやフェイクニュースが溢れています。一見しただけでは、何が正しくて何が間違いなのかは分かりません。情報を受け取る側の冷静な判断も必要となります。

デマとは何かというと、事実ではないことです。トイレットペーパーがいきなり品薄になったり、風評被害を受けたりなどは、「どうやら○○らしい」という事実ではない話に基づいたデマです。

同様に、インターネットビジネスにおいてもデマが多く見られます。詐欺ではないのに詐欺といわれたり、その逆もしかりです。

インターネットビジネスのデマはマネーズライクの教科書(MRサーチシステム)に限ったことではありません。その情報が正しいかどうかは、どの話を根拠としているのか、基となるデータや引用があるのかがとても重要です。

例えばあるビジネスに行政からの指導が入ったというニュースがあれば、それは事実です。しかしそれをでっち上げたり、「どうも怪しい」程度のレベルでその情報を流すのは、立派なデマです。場合によっては犯罪に処せられます。

気になる情報は、それが正しいかどうか裏取りをしてみましょう。表面の情報だけで安易に信じ込むのは危険です。